「Thank you」に対する最適な返答

何気ない日常のやりとりにおいて、「Thank you.」と言われたときに返す「You're welcome.」というフレーズ。実は、これが場合によっては少々鬱陶しく感じられることがあるのをご存知でしょうか?それは一見、奇妙に思えるかもしれませんね。

具体的には、何か些細なことに対して「Thank you」と言われたときに、「You're welcome.」と返すことが、相手にとって少し煩わしく感じられることがあるのです。例えば、コーヒーを運んでもらったといったような小さな親切に対してです。

では、より自然で、ネイティブの感覚に近い返答は何が考えられるでしょうか。以下に、4つの表現をご紹介します。

1つ目は、「Sure」。これは「もちろん」や「いいよ」といった意味になり、とてもシンプルな表現です。特に、些細なことに対して適しています。

2つ目は、「No problem」。直訳すると「問題ない」となりますが、日本語の「どういたしまして」に近いニュアンスを持っています。

3つ目は、「My pleasure」。これは「喜んで」という意味で、自分が相手のために何かをしたことを楽しんでいたという気持ちを伝えられます。

最後に、「Absolutely」。これは「全くその通り」といった意味で、一見すると「どういたしまして」とは違うように見えますが、実際には英語ネイティブが頻繁に使う表現です。

これらの表現を使い分けることで、より自然でネイティブらしい会話が可能となります。「You're welcome.」は大きな親切や大きなお願い事に対して使うと、より適切な印象を与えられるでしょう。さあ、あなたもこれらのフレーズを活用して、より自然な英会話を楽しみましょう。

まずは初回限定体験オンライン留学
ご相談・お問い合わせもお気軽にどうぞ

※初回限定体験オンライン留学は合計2時間です。
サービス説明やヒアリング 約30分、体験レッスン 約60分、事後カウンセリング 30分となります。
※体験オンライン留学は通常15,000円ですが、初回限定で500円で受講可能です。

受講料最大25%OFF

本気応援キャンペーン実施中