この違い理解してる?似ているようで違う英単語

日本人が間違えやすい英語表現

今回は、間違えやすい英語の似ているようで違う単語を紹介します。例えば"Disinterested"と"Uninterested"。前者は「偏見のない」という意味なのに対し、後者は「ある特定の事柄に対し興味がないことを表す」という意味です。

他にも「Father」は「父親」という意味で「Further」は「さらにその先」という意味があります。また、「It's’」と「Its」も発音と表記がほぼ同じですが、前者は「"it is"の短縮形」であり、後者は「itの所有格」として使います。

"Than"と"Then"も前者は「〜より」、後者は「その時」を表すのに使い分けます。"Among"と"Between"も間違えやすい表現で、前者が「3つ以上のものの間」を表すのに対し、後者は「2つの指すものが具体的な場合」を表します。最後に"Advice"と"Advise"です。前者は「助言、忠告」という名詞を意味し、後者は「アドバイスする(助言をする)」という動詞を意味します。違いをマスターして、上級英語話者になりましょう!

まずは初回限定体験オンライン留学
ご相談・お問い合わせもお気軽にどうぞ

※初回限定体験オンライン留学は合計2時間です。
サービス説明やヒアリング 約30分、体験レッスン 約60分、事後カウンセリング 30分となります。
※体験オンライン留学は通常15,000円ですが、初回限定で500円で受講可能です。

受講料最大25%OFF

本気応援キャンペーン実施中