「お疲れ様」を英語で説明すると?

「お疲れ様」を英語にするとどうなる?

日本で仕事をしたことがある人や、日本人の同僚がいる人は「お疲れ様」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。しかし、この言葉を英語で説明するのは、直訳がないため難しいかもしれません。そういう時は「浅いカジュアルバージョン」と「深いバージョン」の2段階に分けて考えてみましょう。

「お疲れ様」には2つの意味がある

「お疲れ様」のカジュアルバージョンは、同僚と別れる時に「さようなら」「いってらっしゃい」と言うのと同じです。その日の仕事が終わったことを確認し、同僚の無事を祈るシンプルな方法です。

一方「お疲れ様」のディープバージョンには、より細かいニュアンスがあります。これは、特に困難なプロジェクトの後、誰かの努力や頑張りを認めたい時です。この場合「I appreciate all the hard work that you did」「I think you did a great job. I know that you worked very hard.」などと言います。これは、相手の努力に感謝し、認めてあげる方法です。

「お疲れ様」は日本文化との関係が深い言葉

なお、「お疲れ様」は職場だけでなく、他の場面でも使われることがあります。スポーツの試合や音楽の演奏の後など、誰かが頑張った場面で使われることもあるのです。英語では直訳できませんが、日本文化には欠かせない重要な言葉です。「お疲れ様」の使い分けを理解することで、同僚との交流をより円滑にし、彼らの努力や苦労に感謝の気持ちを伝えることができます。

まずは初回限定体験オンライン留学
ご相談・お問い合わせもお気軽にどうぞ

※初回限定体験オンライン留学は合計2時間です。
サービス説明やヒアリング 約45分、体験レッスン 約60分、事後カウンセリング 15分となります。
※体験オンライン留学は通常15,000円ですが、初回限定で500円で受講可能です。

受講料最大25%OFF

本気応援キャンペーン実施中

Related Articles

関連記事

View all
Category one
Category two
Category three
Category four