カタカナ英語と英語の発音の違い

カタカナ英語と英語の発音の違い

日本人や日本での滞在期間が長い方であれば、一度はカタカナで書かれた英単語やフレーズを目にしたことがあるかもしれません。しかし、これらの単語の発音は、アメリカ英語での発音と異なる場合があるので注意が必要です。

例えば「Speed」は、カタカナで 「スピード(supiido)」と書かれることが多いですが、アメリカ英語では 「speed(spíːd)」と発音するのが正しいです。同様に「dog 」は 「ドッグ(doggu) 」と発音されることが多いですが、正しい発音は「dog(dôɡ)」です。他にも「Card」は「カード(Cardo)」と発音されることがありますが「card(kɑːrd)」と発音するのが正しいです。

カタカナ英語を使うときには、このような発音の違いを意識することが大切です。ついついカタカナで発音してしまいがちですが、かえって混乱を招いたり、誤解を招いたりすることもあります。

正しい発音を知ることの重要性

このような問題を避けるためには、正しい発音を練習し、アメリカ英語での単語の発音を意識することが大切です。正しい発音がわからないときは、調べたり、ネイティブスピーカーに聞いたりするのがよいでしょう。このような発音の違いを意識することで、コミュニケーション能力を高め、誤解を避けることができます。カタカナ英語は実際の英語とは違うので、明瞭で正確な発音で話すことが肝心です。

カタカナ英語の発音の違いを理解することで、コミュニケーション能力を向上させることができます。少しの努力で、カタカナ英語のニュアンスを効果的に操り、明瞭で正確なコミュニケーションを目指しましょう。

まずは初回限定体験オンライン留学
ご相談・お問い合わせもお気軽にどうぞ

※初回限定体験オンライン留学は合計2時間です。
サービス説明やヒアリング 約45分、体験レッスン 約60分、事後カウンセリング 15分となります。
※体験オンライン留学は通常15,000円ですが、初回限定で500円で受講可能です。

受講料最大25%OFF

本気応援キャンペーン実施中

Related Articles

関連記事

View all
Category one
Category two
Category three
Category four