留学しても英語が伸びないのはなぜ?留学の落とし穴

みなさんこんにちは。SSSのYunaです。

留学に行ったり海外に移住したりすれば、自然に流暢な英語が話せるようになる、と思っている方は意外と多いです。しかし実際には、数年間海外に在住していても英語が伸びないという悩みはよく耳にします。みなさんも次のような体験談をどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。

  • 10年アメリカに住んでいるが英語が流暢に話せない
  • 駐在員として海外勤務しているが、ビジネスイングリッシュはできても、日常会話は苦手であまり会話が弾まない
  • 留学先の授業にはなんとかついていけるものの、現地の人が集まるホームパーティーに行ったら会話についていけない

今回はの記事では、海外留学をしても英語が上達しない人に共通する特徴とその理由を紹介していきます。

海外にいるのに英語が上達しない理由

1. 同じ国の出身の人といる

これは日本人だけではなく、全ての留学生に言えることです。

知らない土地に来て、全く違う言語を使い、全く違う生活スタイルに身を置くとなると、孤独感や不安を感じるのは当然のことです。そんな時に、自分と同じ母国語を話す人に出会うと非常に大きな安心感を感じます。慣れるまでの間、お互いに助け合って情報交換をするのはいいことですが、気がついたら、日本語を話すコミュニティのなかで1年を過ごしてしまった…なんていうのはよく聞く話です。

特にロサンゼルスはいろんな国から人が集まってくる場所で、日本人も多いです。案外、日本語を全く聞かない環境下に身を置くほうがレアかもしれません。

2. 暇な時間はYouTubeで日本語をずっと聞いている

情報テクノロジーが発達した現代社会では、世界のどこにいてもスマホひとつで人と繋がったり、海外の動画を見ることもできます。

留学先でも暇な時間はYouTubeやNetflixを見て時間を過ごす人は多いと思いますが、これが意外な落とし穴です。いくら現地に住んでいても、一人の時間ずっと日本語を聞いていたら、結局日本にいるのとあまり変化のない言語環境になってしまいます。

英語に耳を慣らすためには、長い時間英語を聴き続けることが効果的です。

例えば、『1ヶ月アメリカにいながら、1日のうち7時間だけ学校で英語を話す・聞く』という生活と、『2週間全く日本語を喋る人がいない環境にいて、24時間英語だけ聞いて、喋る』という生活を比較してみると、滞在期間は短くても後者の方が早く英語に慣れることができます。

フリータイムに動画を見るのが趣味の人でも、見る動画を海外のユーチューバーのチャンネルに変えてみたり、Netflixで英語の字幕をつけて見ることをおすすめします。

3. 現地の友達が少ない

アメリカに留学に来た!!学校でも友達ができた!!と思ったら、その友達も留学生が中心だったということはよくあります。留学生は現地にコミュニティを持っておらず様々なイベントに参加しているため、語学学校だけでなく大学でも友達になりやすいと思います。留学生と友達になることは良いこともたくさんありますが、上記で述べたように、ローカルの友達を作るきっかけを減らすことにもなりかねません。

ロサンゼルスに住むなら、ロサンゼルス出身の人や他の州出身の友達ができると、自然と英語の上達スピードが確実に上がります。筆者は、親友と呼べるローカルの友達ができてから、毎日メッセージや電話、ガールズトークをするようになって自然と流暢な英語が話せるようになりました。

現地の友達をたくさん作りたいなら、自分から積極的にアクティビティに参加することが大切です。

ホームパーティーやミートアップもありますし、自分の趣味があるなら、その趣味のイベントをインスタグラムやFacebookで情報収集してみましょう。アメリカ人は積極的に相手から話しかけてくれる人が多いので、一人でもあまり不安にならず、とにかく参加してみることをおすすめします!

4. 英語を話さなければいけない環境に身をおいてない

英語を離さなければならない環境に身を置くことは、スキルアップにつながる重要な要素だと思います。

人は、「〜しようかな」と思っているうちはなかなか取り掛かるのに時間がかかったりするものです。周りに日本人もいない、誰も教えてくれない、自分から喋らないとどうにもならない、という環境に身を置くことで、今ある自分の全てをアウトプットする必要が生まれます。

その環境は、どんなところでも構いません。ホームステイ先には、全く日本人がいない、日本語を喋る人がいないところを選ぶ。ルームメイトはネイティブもしくは日本人以外にする。日本人比率の少ない学校を選ぶ。一人でショッピングに行ってみる。

そういった日常生活で自分が身を置く環境を、無理矢理英語を使わなければならない状況にしてみると、数ヶ月後には英語のスキルアップを感じることができるでしょう。

せっかくの留学で英語が上達しなければもったいない!

いかがでしたか?今回は、留学しても英語が伸びない人の特徴をご紹介しました。気をつけているつもりでも、意外と当てはまるところがあった人もいるのではないでしょうか。

留学には決して安くない費用がかかります。せっかくお金をかけて留学しても、英語が上達しなければもったいないですよね。

人間は誰しも易きに流れるといいます。もちろん日本人同士で楽しくおしゃべりしたり、情報交換したりすることもたまには必要ですが、最後に書いたように「自ら英語を話さなければならない環境に身を置く」ことが英語上達への近道です。

SSSは英語力向上に理想的な環境を実現しています

SSSのレッスンは毎回2時間、ネイティブスピーカーとマンツーマンレッスンなので、まさに「自ら話さなければならない」環境に身を置くことになります。日本にいながらも海外留学しているかのような環境に身を置くことができる、まさに英語力向上に理想的なプログラムです。

それだけ聞くと何だか大変そう…と思われる方もいるかも知れませんが、実際に受講生の皆さんは楽しく授業を受けていただいています。SSSのオンライン留学は「留学した人以上にスピーキングを上達させる」ことをコンセプトにしていますので、ぜひ体験レッスンで他のオンライン英会話との違いを体感してみてください。

まずは初回限定体験オンライン留学
ご相談・お問い合わせもお気軽にどうぞ

※初回限定体験オンライン留学は合計2時間です。
サービス説明やヒアリング 約30分、体験レッスン 約60分、事後カウンセリング 30分となります。
※体験オンライン留学は通常15,000円ですが、初回限定で500円で受講可能です。

受講料最大25%OFF

本気応援キャンペーン実施中